幻想水滸伝 Wiki
Advertisement
キリル

人物解説[]

幼少の頃から父・ウォルターとともに旅をしており、その道程で群島諸国を訪れた。太陽暦291年生まれ(18歳)。父の死を目の当たりし、二度と同じ犠牲者を出さないよう紋章砲を破壊するための旅を続ける。だが、その悲劇は深い心の傷となって成長した後も長く引きずることになる。が、物語終盤、コルセリアを守るために魚人化した彼女の父マルティンを斬ったのを契機に克服する。母・ヨーンの影響か、不老長寿である。ダブルブレードと呼ばれる特殊な武器と、燕(ツバクロ)の紋章という特殊な固有紋章を持つ。

Advertisement